大仙市で震度5強
 
 8日22時23分ごろ、秋田県大仙市で震度5強の強い揺れを観測する地震があった。震源地は秋田県内陸南部、震源の深さは9km、地震の規模はマグニチュード5.2と推定される。

 この地震の最大震度5強を観測したのは大仙市神宮寺。震度4を同じく大仙市の刈和野と北長野、南外、大曲花園町、高梨で観測したほか、仙北市西木町上桧木内でも観測された。

 この地震について気象庁は9日0時30分から会見を開き、松森敏幸地震津波監視課長は「揺れの強かった地域では、落石や崖崩れなどの危険性が高まっているおそれがあり、今後の地震活動に十分注意してほしい」と述べた。また、「今回の震源の周辺では、平成20年の『岩手・宮城内陸地震』や大正3年の『秋田仙北地震』、それに明治29年の『陸羽地震』などマグニチュード7クラスの地震が起きている。また、今回の震源から十数キロ東には『横手盆地東縁断層帯』があるなど、地震活動が活発な地域だ。揺れの強かった地域では、今後1週間程度は、最大震度5強程度の地震に注意し、特に今後2、3日は規模の大きな地震が発生することが多くあり、十分に注意してほしい」と呼びかけている。


 
 2017年 9月 9日
【志田雅洋】
 
 
Copyright(C)Kogane Press. All rights reserved.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。